Pocket

抗がん剤の治療を始めると、おおよそ2~3週間程度で脱毛の症状が現れ始めます。毛髪は、毛母細胞と呼ばれる、毛の根っこ部分の分裂よって成長します。抗がん剤の治療を始めると、この細胞が影響を受けるため、脱毛の症状が現れます。

抗がん剤での脱毛は、頭髪だけでなく、全身の毛に同じ様に起こります。頭髪は毛の分量も多く、人目からも分かりやすい部分なので、抗がん剤の脱毛=頭髪の脱毛というイメージを持つ人が多くいます。細胞が抗がん剤の影響を受ける度合いは個人差が大きいものです。しかし、抗がん剤による脱毛は、基本的には一時的なもので、抗がん剤の治療が終了すると、1~2か月程度で毛髪の再生が始まります。

再生した毛髪は、以前よりも毛のクセが強くでたり、太さや硬さが以前とは異なる場合があったしりますが、そういった変化も一時的な症状です。一般的には、半年程度で元の状態に戻ることが多いでしょう。抗がん剤の治療が終了し、しばらくすれば元に戻ると分かってはいても、それでも精神的負担が大きいのが脱毛の特徴です。

見た目に大きな変化が現れるので、人目が気になったり、見たくないと思っても無意識的に何度も鏡を見てしまったり、ショックを繰り返すという人も少なくありません