Pocket

脱毛による精神的なショックのほとんどは、それ以前とは異なる見た目の大きな変化によるものです。そこで、見た目の変化をカバーし、精神的な負担を減らしてくれるのが医療用のウィッグです。病気やケガを患っているときは、それだけで肉体的にも精神的にも大きな負担がかかっています。脱毛はそのような状態にまだ追い打ちをかけるようにショックをもたらします。

しかし、医療用のウィッグを着用することで、これまで通りの自分の姿を確認し、病気やケガを患ってはいるけれど、自分は自分なんだという自信と勇気を取り戻すことができるのです。

医療用ウィッグは、より自然な印象になるようにさまざまな工夫が施されています。髪の質、髪の色、ヘアースタイル、長さなどの見た目だけでなく、着用したときの頭皮の蒸れや重さ、頭皮に触れる感覚など、ウィッグが少しでも体の一部として受け入れられるように研究されています。

1人1人の頭の大きさや形、病気による頭の大きさの変化などさまざまな状態に対応できるように作られます。医療用ウィッグには、抗がん剤という治療の副作用である脱毛がもたらす患者さんへの負担を軽くし、前向きな気持ちにさせるという大きな役割を持って存在しています。

≪参考リンク≫https://www.reizvoll-medical.jp/
医療用ウィッグ通販〔REIZVOLL〕です。