医療用ウィッグとは

脱毛による精神的なショックのほとんどは、それ以前とは異なる見た目の大きな変化によるものです。そこで、見た目の変化をカバーし、精神的な負担を減らしてくれるのが医療用のウィッグです。病気やケガを患っているときは、それだけで肉体的にも精神的にも大きな負担がかかっています。脱毛はそのような状態にまだ追い打ちをかけるようにショックをもたらします。

しかし、医療用のウィッグを着用することで、これまで通りの自分の姿を確認し、病気やケガを患ってはいるけれど、自分は自分なんだという自信と勇気を取り戻すことができるのです。

医療用ウィッグは、より自然な印象になるようにさまざまな工夫が施されています。髪の質、髪の色、ヘアースタイル、長さなどの見た目だけでなく、着用したときの頭皮の蒸れや重さ、頭皮に触れる感覚など、ウィッグが少しでも体の一部として受け入れられるように研究されています。

1人1人の頭の大きさや形、病気による頭の大きさの変化などさまざまな状態に対応できるように作られます。医療用ウィッグには、抗がん剤という治療の副作用である脱毛がもたらす患者さんへの負担を軽くし、前向きな気持ちにさせるという大きな役割を持って存在しています。

≪参考リンク≫https://www.reizvoll-medical.jp/
医療用ウィッグ通販〔REIZVOLL〕です。

抗がん剤治療による悩み

抗がん剤の治療を始めると、おおよそ2~3週間程度で脱毛の症状が現れ始めます。毛髪は、毛母細胞と呼ばれる、毛の根っこ部分の分裂よって成長します。抗がん剤の治療を始めると、この細胞が影響を受けるため、脱毛の症状が現れます。

抗がん剤での脱毛は、頭髪だけでなく、全身の毛に同じ様に起こります。頭髪は毛の分量も多く、人目からも分かりやすい部分なので、抗がん剤の脱毛=頭髪の脱毛というイメージを持つ人が多くいます。細胞が抗がん剤の影響を受ける度合いは個人差が大きいものです。しかし、抗がん剤による脱毛は、基本的には一時的なもので、抗がん剤の治療が終了すると、1~2か月程度で毛髪の再生が始まります。

再生した毛髪は、以前よりも毛のクセが強くでたり、太さや硬さが以前とは異なる場合があったしりますが、そういった変化も一時的な症状です。一般的には、半年程度で元の状態に戻ることが多いでしょう。抗がん剤の治療が終了し、しばらくすれば元に戻ると分かってはいても、それでも精神的負担が大きいのが脱毛の特徴です。

見た目に大きな変化が現れるので、人目が気になったり、見たくないと思っても無意識的に何度も鏡を見てしまったり、ショックを繰り返すという人も少なくありません

脱毛と医療用ウィッグの関係

抗がん剤の治療の副作用として現れる脱毛症状。その精神的ショックの緩和ケアアイテムとして発展してきたのが「医療用ウィッグ」です。通常のファッションウィッグとは異なり、重量や素材などの身体的な負担、髪色や髪質などの見た目による精神的な負担の両側面から考えられた製品です。

医療用ウィッグはその人それぞれの頭の大きさや形に合わせて作られます。頭の大きさもいろいろな場所を計り、ピッタリ合うものを作り上げます。それだけでなく、脱毛症状の進み具合によって変わる頭の大きさにも対応できるような工夫が施されています。

1人1人合わせて作られるので、まさしくその人の頭髪になると言っても過言ではありません。医療用ウィッグは、体の一部として使用されるので、よりその人の髪の毛らしく作られます。そのため、多くは人工毛を使用しています。人工毛を使用することで、カットだけでなく、パーマをかけたり、ヘアアイロンで巻き髪にしたりするなどアレンジを楽しむことができます。

脱毛は、毛髪という物理的なものだけでなく、見た目に対する自信やヘアスタイルやヘアアレンジという楽しみまでも失ってしまいます。医療用ウィッグはそういった脱毛が奪ってしまう喜びを再び与えてくれるアイテムです。

ここでは、特に抗がん剤の治療と脱毛の関係を解説します。抗がん剤治療を行うと、なぜ脱毛症状が出るのでしょうか。その後、毛髪はどのような変化を起こしていくのでしょうか。医療ウィッグのもたらす効果について併せてご紹介します。